「監査法人のガバナンス・コード」に関する高志監査法人の考え方

当監査法人は、社員・監査専門要員合わせて20名未満の小規模組織の無限責任監査法人であり社員間の強い信頼関係のもと監査の品質確保に常に取り組んでおります。

社員からスタッフまで全員が常時コミュニケーションが取れる体制にあり自由闊達な議論は勿論、相互監視・相互牽制の維持に努めております。

大規模監査法人を前提とした「監査法人の組織的な運営に関する原則(監査法人のガバナンス・コード)」は当監査法人の規模に照らして採用しておりませんが、最高意思決定機関である社員会を中心に民主的で迅速な意思決定を行い、監査の品質を持続的に向上しうる組織運営に真摯に取り組んで参ります。